小説U

さくらんぼ

さくらんぼを食べるのが
待ち遠しいように
いつかまた会いたいひとが
待ち遠しくなる

どんなに年をとっても
忘れられないことがある
どんなに年をとっても
忘れられないひとがいる

いくつ悪いことをしたのか
数えてみることがある
いくつ良いことをしたのか
数えてみる価値はある

何キロメートル離れてみても
叫ばずにきこえる言葉ってある?
何キロメートル離れてみると
きこえなくなっちゃう言葉ってある?

だれかに会いたくなる
忘れられないひとがいる

今 あなたが言ってくれる
そのひとことは

さくらんぼみたいに
甘くておいしい         

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ