目をつむって10秒間...

□-始まりが終わり-
1ページ/3ページ


--始まりが終わり--


それはよく晴れた晴天だった

「俺さ、杏の事好きみたい」

その日、あたしは松田 陸に失恋した

杏・・・・中間 杏はあたしの親友でもあり、

家族同様に、大切な仔

「そーなの!?ま、がんばれー」

あはは なんて笑って顔をそらす

杏は、あたしが陸の事好きなのを知ってる・・・

告白されたら、どう答えるのかな?

空を見上げると、さっきまで青かった空が

灰色の雲に覆われていた

「「雨ふりそー」」



2人で声がかさなった瞬間

ザァアアアアア

「ちょーーーっ!!!陸、屋根の下に・・っ」

陸のほうを見ると、既に屋根の下

「こんちくしょーーっっ」

あたしも駆け足でそこへ向かう

数分たっても雨がやみそうにない

「雨・・・・やまないね・・?」

「うん」

雨の音だけ響いて、少し・・・・気まずい・・!!

「あ、そうだ」

何かを思い出したのか、

ポケットから携帯をとりだして電話をする陸

・・・・誰に電話してるのかな??

「あーもしもしー」

あ、つながったのか・・・

「杏さー、今ヒマー?」

ドクン

心臓がはねた

-陸は杏が好き-

本当のことなんて・・・・・

知らない方がよかった・・・・





なんて、変な事思う

「今から向かいに来れんー?・・・まじで!?じゃ、あの公園に居るから」

どうやらOKがでたらしい・・

ピッと通話終了ボタンを押す陸の横顔・・・

『あたし』は見たことがない・・・・

2人を応援・・・するしかない・・・か・・

モヤモヤを抱えたまま公園の前に車が止まるのが見えた

次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ