あ め だ ま 。

□終わりの儚さ
1ページ/2ページ



あれは中3の夏の事だった
夏休みの補習を幼なじみの功太と受けてる時告げられた言葉

「俺、りつかの事好き・・・なんだけど・・付き合わない・・・・?」

曖昧な告白を受けたあたし

ずっと一緒にいた幼馴染

友達としか思ってなかった

でも....するっとのどを通りぬけてでた答え

「うん・・・・」

気づいたらうなずいていた

それから2年経ってあたしたちは高校2年生になった

功太とはいっぱい喧嘩して、泣いて、

でも乗り越えてきた

今日は功太と付き合って2年目の記念日

2人で買い物しよう!って話になった

待ち合わせは初デートの公園の噴水前

それにしても・・・・・

「功太遅い・・・」

待ち合わせは12時

腕時計は軽く2時を過ぎてる

「何でこんなに遅いの!?」

功太が遅れることは目に見えていた

でも、ここまで遅いのは初めて

次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ