花月流星
「さよなら」と君は呟いた

弱虫な僕は黙って俯いた

涙は誰も知られずに落ちていく

それでもまた会えると信じてる

なぜなら君との約束があるから・・・






2019.4.19〜


ブックマーク|教える
訪問者602人目




©フォレストページ