夜空を見れば三日月が見える


道に迷ってしまったのですか?

それはそれはおかわいそうに・・・

そこに居る二匹の黒と白の狼に道案内をさせますので

付いて行ってくださいな・・・

黒狼「我は黒狼(こくろう)道案内をさせてもらう・・・我等からはぐれるなよ」

白狼「私は白狼(はくろう)道案内をする間よろしくお願いします」

黒狼・白狼『では・・・・ついて来い/ついて来てください・・・・』

はじめに
聖夜と輝也のプロフ
夢小説
掲示板
アンケ夢小説
悲恋夢小説アンケート
甘〜裏夢小説アンケート



黒狼「我は此処までしかいけぬ・・・

主様がお呼びなのでな・・・だが・・・

お前はまた道に迷うであろう・・・そしたら

我が道案内をしてやろう・・・では会える日

まで・・・」

白狼「さようなら・・・また合える日まで私達は

待っています・・・・また迷ってしまったら道案内をしますので・・・」

黒狼・白狼『さようなら・・・我等の姫よ・・・』


ブックマーク|教える
訪問者8427人目




©フォレストページ