あの頃の僕は泣き虫で
いつも君は隣で守ってくれたよね

ある日君が消えた時から僕は泣かなくなったんだ

月日が経って
大人になって巡り会えた今

次は僕が君を守る番だよ

.

※必読
MAIN

メールボックス




     激しい激痛
  遠のく意識の中で
     暖かい腕に
抱き上げられたあの日

ありがとう

ありがとう

裏切った自分を
許してくれたんだね


.


ブックマーク|教える
訪問者1427人目