鮮血とコイと人助け。 書物



”先祖返り”・・・・・・。

その中でも私は異質だ。他の先祖返りよりも、妖怪の力が反映されすぎている・・・。

だが、その中でも役立てる事があるのだと知った。

ならば、それを貫き通そう。



あぁ、私が守ってやる。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ