星空の下で

ありえないくらい綺麗な満天の星空。

その下で、君は言った。

−星に、願いをかけてみません?−

いつもみたいに笑って、いつもみたいな口調で、なにも変わらないそぶりで。

……ねえ、ニノ。教えて。

あれはなんのためだったの?このことの暗示だったの?

ねえ、なんで黙ってたの?

俺、好きなのに。ニノのこと……大好きなのに。

それなのに……






















俺の想いは、所詮空振りだったの?



















お願い、ニノ。

どうか、教えて……



























※大宮さんのBL小説です。
※O→Nです。

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ