夢小説

□白のFC
1ページ/3ページ

嗚呼やばい手切った

俺にある女子がカッターを振り回しおれはカッターを掴んだが刃をつかみてが切れてしまった

そしてまた学校を抜けた

するとそこには白のFCが停まっていた

するとその中から人が出てきた

「おい」

急に声をかけられた

「お前か黒のFC乗ってるの」

こいつあったことないのになぜ知っている…

『何故知ってるのですか』

「俺の情報模を甘く見るな」

やばいこの人逃げなくちゃだがその目に射られた瞬間動けなくなった
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ