夢小説

□黄色のFD
1ページ/3ページ

涼介さんに言われた通りに秋名にきた
いまは夜の11時だ

『涼介さん来ましたよ』

「来たな。ところでみんな今日からこいつも赤城レッドサンズの仲間だ。文句のあるやつは来い」

涼介さん強いな〜みんな無言だよ

ふと耳を傾けるとハチロクハチロク聞こえてきた

啓介さんと対決するのか

『啓介さん!!』

「なんだ?」

『頑張ってください』

「ああ有り難うな」

啓介さんとハチロクの人が車に乗ってカウントが始まった

「5.4.3.2.1go!」

「スタートしたぞォ!!」

「いよいよ始まったぞォ本気の全開走行だァ!!」

あちこちから歓声が響く

『涼介さん』

「なんだ?」

『啓介さん勝つかな』

「ああ勝つよ」

『よかった…』

そこに情報が入った

「えらいことだぜ!!今2台が通過したけど啓介があおられてるぞォ!!なにかなんだかわかんねーけど異常だぜ!!秋名代表のハチロクめちゃっぱや!!」
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ