夢小説

□涼介さん家
1ページ/3ページ

『さて今日は涼介さん家にいくがその間暇だからなにしようかな』

学校はもう退学した

『そうだ温泉に行こう!!ちょうど夜7時だし』

わくわくしながら温泉に行った









それから

『ふぅ…気持ちよかった〜』

温泉なんて久々だ

『ボチボチ行きますか』

濡れた髪の毛を乾かさずに服を着て車を発車した
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ