夢小説

□おはよう
1ページ/5ページ



『涼介起きて』

「ん」

涼介が起きた

『俺先下行ってるな』

「あぁ」

といって俺は階段を下りた

「おかしいななぜ寝てるんだ」

と呟いてたことを知らずに零は啓介と珈琲を飲んでいた

『昨日珍しく涼介ねてたよしっかり』

「アニキが!?」

まあ睡眠薬なんだけどねと噂していると涼介が下りてきた

「おはよアニキ」

『おはよ涼介』

「ああおはよ」

しっかしいつでもしっかりしてるな涼介

『今日拓海とか言う人と対決するんでしょ?』

「ああ、かたきはとらないとな」

「アニキ…ごめん」

啓介さんが謝った

「大丈夫だ勝ってくるさ」

おお!!さすが兄弟なかいいね

『俺藤原豆腐店行ってくる』

といって車のキーを握りしめ家を飛び出した
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ