夢小説

□秋名のハチロク
1ページ/2ページ

秋名に着きギャラリーは賑やかだ

そこに涼介はいた

『涼介〜』

「零か」

涼介は車のエンジン音をならしている

「仕上がったぜ」

と車から出てきた

「こんどのバトルに勝つための足回りとエンジン、FCのスペック変えたのかアニキ。何馬力ぐらいだしたんだ?」

すると涼介はニヤリと笑った

「教えてやるよ…聞いて驚くなよ啓介」

『涼介のFCは確か今までは340馬力ぐらいだったよね…』

「もったいぶらないで教えてくれよ…こんどはそれを何馬力ぐらいまであげたんだ?」

「そうだな…馬力にしたらMaxで260馬力前後ってところかな」

「ええ!?馬力を下げたのかアニキっ!?それじゃデチューンじゃないかよわざわざ遅くしてどうすんだよ!?」

『そうとは限らないよ啓介さん…はやく走るためには馬力を下げるのもあるんだよ…下りは馬力よりもトータルバランスだからね』

「その通りだ零」

ほめられた

「秋名のハチロクはつまりそれほどの相手って訳か」

啓介は黙った
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ