銀河機攻隊マジェスティックプリンス-姓奴隷な彼女-


アサギ:内容が最終的には官能小説のシーンまであるカオス夢小説だ。。。

イズル:捏造オッケー未成年じゃない人だけが見れる内容になってくってことだね。。。

----


プロローグ
生存本能を高め、予算を削減する目的で作られた2世代目量産計画。
それは、見る人によっては姓奴隷とも言える存在を試験管で製作。
五人。チームラビッツが操作した操作方法を元からいて演算能力も凄い。
失敗作のゼロ機にも対応するほどの能力を得たが
成長スピードが早いが寿命が縮んでしまった。
そこは短所だが、、、長所としては、2世代目を予算なしで誕生させることが可能なこと。受精から出産までも早いのだ。
そこを利用して性欲に目覚めはじめたアサギとイズルをあてがい遺伝子そのものを弄らないで作れるかの実験である。

その実験体になる夢小説!

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ