魔王級トリップ!





おやおや…。誰か来ましたねぇ…。
……私ですか?私は第六天魔王の下部……明智光秀と申します……フフフ………ここに来たということは………あなたも魔王の素質があると言うことですか………


蘭丸が教えてやる!お前は 2101人目の魔王となれる素質の奴だ!

でも………上総介様には敵わないわ。


記憶の燐片
彼女の生態

魔王級トリップ!





混沌の光

確かに恋だった

貴様………何処へ行く……
ふん………怖じ気づいたか………



あ。さっきのは気にしなくていいから。
さ。
お帰りならこの世界の為に一仕事だけして貰うよ!
この傘を持ってる人達に愛を………
そして、この魔王色に染まった人々に幸福を願ってくたさいね。


ブックマーク|教える




©フォレストページ