一柳昴

オレだ。そろそろ来ると思ってた。俺との話が見たいんだろ?一緒に見てやるから、こっち来いよ。って、おい・・エロい小説しかねーのかよ。・・ったく、しょうがねーな。鍵、付けといてやるから、お前がその気なら入って来い。その代わり・・・読んだ後は覚悟しとけよ。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ