らき☆すた〜恋する乙女と流れ星〜

俺は、ずっと暗闇にの中にいた。


どれだけ足掻こうとしても光指すステージに立つことは出来なかった。


そう、彼女と会うまでは………………


春に、陵桜学園へ転入してきた「藤崎流星」。
彼の周りで起こる数々の物語。
陵桜学園を舞台に、彼と、泉こなた、柊かがみ、柊つかさ、高良みゆきの五人が起こす物語。
それぞれの思いの先にあるものは…………

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ