□ブックタイトル
縁と月日は末を待て

□執筆開始日
2016年04月11日

□カテゴリー
小説
 ドリーム

□概要
こんなにも人を好きになったことはねぇ

なのに、お前にはあの男がいた

なら俺はこの想いを秘めて生きていく

□読者へのメッセージ
銀時があなたを想っていますが、
あなたは高杉が好きです。

銀時の切ない感情が書ければと思います。

でも最後はハッピーエンドになるように頑張ります。


[戻る]
[TOPへ]





カスタマイズ


©フォレストページ