確かに私は生きていた。





惜しくも私等は生きて
明日を夢見た。

だから、今日だって
君と明日を見ていたい。












初見
list
手紙


ブックマーク|教える
訪問者602人目




©フォレストページ