登場人物索引

【あ】 6件

【秋元真夏 (あきもとまなつ)】
3年A組(♀)。

料理部。

料理部の部長を務める、ほんわか系女子。

同じクラスメートでもある生徒会長の白石麻衣とは、ボケとツッコミの間柄で、秋元自身は仲良しだと思い込んでいる。

性格に反して、非常に賢く、学年成績トップの才女だが、その代わり極度の運動音痴。

同じ名字である学園長とは、遠い親戚らしいが、直接の接点はないらしい。

いじられキャラだが、誰からも愛される性格で、後輩からの信頼も厚い。



乃木坂46


【秋元康 (あきもとやすし)】
学園長(♂)。

その名の通り、秋元学園の学園長。

理事長である白石恵三が、テレビの敏腕プロデューサーだった彼をスカウトして、異例の学園長の座に据えた。

自由で奇抜なアイデアを、どんどん学園のシステムに導入し、一躍、秋元学園の名を全国に轟かせる。

教育には昔から興味を持っていたらしく、学園長になる以前は、幼少期から特殊な教育を積めば、人間の新たな可能性が開花するという“新人類プロジェクト”なる計画を遂行していて、その時の人員を教師として集めた。

商売人気質かと思いきや、生徒を第一に考える姿勢を見せたりと、なかなか掴み所がない人物ともいえる。


【アグニ (あぐに)】
リミッターズ・三人目の能力者に与えられたコードネーム。

その能力は、発火(パイロキネシス)で、与えられた制限は以下の三つ。

一つ…強い炎を見るなりして、人格を変わらせないと使用不可能。

一つ…目にハッキリと見える範囲の対象物のみしか、燃やすことが出来ない。

一つ…強力すぎるゆえ一週間に1〜2回以上、使ってしまうと、身体に影響が及ぶ。



姿を見せない謎の存在だったが…その正体は、平手友梨奈の別人格であり、上村によって記憶が消されていた為、本人すら自覚がなかったようだ。

主人公と与田の協力プレーによる説得で、何とか別人格の暴走を押さえ込むことに成功。

主人公の母親を、自分の能力で殺めてしまったという十字架から、主人公自身からゆるされ、ようやく解放される。

その事件を通じて、アグニの人格を受け入れた影響なのか…平手は、今までより女子っぽくなったとか。

再び、別人格を発現させれば、パイロキネシスを使えるようになるのかは、いまだ不明。


【朝日奈寛 (あさひなひろし)】
御曹司(♂)。

白石EXにて、花婿選別に立候補した会員制フィットネスクラブの、跡取り息子。

小さい頃から、体を鍛えており、社会人アマレス王者にまで上り詰める。

渡邉美穂を人質に取り、主人公一行を出し抜こうとするが、失敗に終わる。

卓越したタックル技術で、松本を追い詰めるが、戦闘経験の差が圧倒的に足りなかったようだ。

リタイア後の投票では、唯一、東城に票を入れた。


【浅利洋介 (あさりようすけ)】
3年D組(♂)。

図書委員会。

渡邉理佐EXルートに登場する、図書委員。

告白を断られた恨みで、たまたま発見した「グリモワールの魔導書」を秋元学園の書蔵庫から盗み出し、理佐に悪魔を取り憑かせる契約を結ぶ。

主人公らの活躍で、理佐が救われた後は、彼自身も悪魔の影響を受けていたとして、お咎め無しとなった。

目下、監視中の身となったが、反省したのか…現在は、大人しく学園生活を送ってる模様。


【新田真剣佑 (あらたまっけんゆう)】
2年A組(♂)。

帰宅部。

加藤玲奈の彼氏で、日本人の父と、アメリカ人の母を親に持つハーフ男子。

父の影響で幼少期から習っていたクレー射撃の学生チャンピオンで、部活動はせず、放課後は射撃場で鍛錬を積んでいる。

無人島サバイバルにおいても、狙撃用ライフルマーカーを使用し、中川大志を破るほどの活躍を見せたが、神木隆之介による背中への不意打ちで、惜しくもゲーム終了直前で敗れ去った。

寡黙で多くを語らないタイプだが、紳士的で常にレディファーストを重んじるところに、加藤が惚れ込み、猛アタックをされ付き合うようになったらしい。



[戻る]



©フォレストページ