登場人物索引

【す】 8件

【菅井鉄心 (すがいてっしん)】
地主(♂)

菅井友香の厳格な父親。

大地主であること以外は、どんな仕事をしているかなど、娘の友香ですら知らない謎多き人物。

使用人達からは“お屋形様”と呼ばれ、尊敬と畏怖の念を持って、接しられている。

意外に涙もろく、娘がミスコンでピアノ演奏していた姿を見て、人目も気にせず号泣していた。

見た目は、完全なる極道の親分。

菅井EXルートでは、やはり過去は「黒鉄会」という極道の会長だったことが判明。

しかし、妻に先立たれてからは、裏社会から手を引き、真っ当な事業にシフトチェンジしている。

かつては、大規模な構成員を抱えていたらしく、今でも、裏社会の組合では強い発言権は、健在のようだ。


【菅井友香 (すがいゆうか)】
2年A組→3年A組(♀)。

帰宅部→軽音楽部。

ヒロインの一人。

A組に属するも、三つ編みに眼鏡姿で、引っ込み思案の性格から、いまだに個性的な面々のクラスに馴染めていない女子。

自分を変えるために秋華祭のミスコンに出場を決意し、親友の土生瑞穂と共に、主人公に協力依頼を出した。

生徒会長や、軽音楽部の協力により、実は美少女ということが判明し、ミスコンにおいても無事に三位入賞して、自分に自信を付けることが出来た。

実家が古くからの名家で、しきたりにうるさい上流階級。父親は大地主らしいが、詳しい仕事は知らない。(菅井EXで、元極道だと判明)


趣味で馬術クラブに通っており、大会で優勝するほどの腕前で、そのために部活には入ってなかったが、秋華祭直前にバンドメンバーの代役を頼まれ、キーボード担当として軽音楽部に入部した。

気品漂うお嬢様だが、実は天然で、おっちょこちょいな一面も。

三年生編では、個性派集団A組の学級委員長になるなど、積極性も芽生えたようだ。



欅坂46


【菅原りこ (すがはらりこ)】
2年D組(♀)。

オカルト研究会。

二人しかいないオカルト研究会の部員で、代表の山口真帆とは親友の間柄。

性格は、ぶっ飛んでるが、ピュアで優しい性格で、何でも信じてしまうのが玉にキズ。

この研究会に入ったのも、山口に唆されたという説も。



NGT48


【鈴木絢音 (すずきあやね)】
1年A組(♀)。

模型部。

久保史緒里に代々、仕える家系のメイドで幼なじみ。

真面目で読書が好きな文化系女子だが、小さい頃からの訓練で戦闘術も心得てる上、眷属化してるので実は身体能力も高いのを、学園生活では隠している様子。

読書と同じくらい好きなのが、ガンプラ作りで、ロイヤルアドバンテージを使ってまで、模型部を立ち上げるも、未だに部員は彼女一人しかいないのが密かな悩み。

史緒里の不服な見合いを阻止する為に、主人公らルーム123メンバーと接触し、協力を要請する。



乃木坂46


【鈴木伸之 (すずきのぶゆき)】
2年A組(♂)。

アメフト部。

3年A組の鈴木亮平の弟で、共にA組に所属していることから、周囲からは“ベルウッドのA兄弟”と呼ばれている。

アメフト部ではライン担当であり、そのナチュラルパワーのみならば、兄をも圧倒するほど。

無人島サバイバルでは、そのパワーを生かし、誰しも扱えないと諦めた巨大なガトリング式マーカーを購入、自由に操ってみせて他プレイヤー達の脅威となった。

真面目な兄とは違い、自由奔放な性格で、やや好戦的な部分もある。

映研部の部長・佐々木久美とは恋仲で、冬休みの撮影合宿にも同行したが、役者としてのセンスは皆無だった。

三年に進級すると、兄の跡を継いで風紀委員長となり、多少ヤンチャな性格も落ち着いたらしい。


【鈴木亮平 (すずきりょうへい)】
3年A組(♂)。

風紀委員会。
空手部。

極真空手を習得している風紀委員長。

探偵部とは創生期からの付き合いらしく、調査で浮上した規則違反者を、風紀委員会が取り締まるという連携は少なくない。

そうして協力するのは、検挙率を伸ばし、自らの評価を上げて、A組から降格するのを防ぐためと噂されている。

邪な気持ちであるものの、そうして検挙率を伸ばし続ける彼の存在は、間違いなく規律違反の抑止力となっているのは確かだ。

純粋な戦闘力なら、学園の五指には入るほどの実力者だが、頭はそんなによろしくないらしい。

2年A組にも優秀な弟がおり、周囲の知り合いからは、まとめて“ベルウッドのA兄弟”と呼ばれている。


【須田亜香里 (すだあかり)】
2年D組(♀)。

新体操部。

2年D組のカースト上位系女子。

クラスメートである松村香織、谷真理佳を常に子分のように従えている女版ジャイアンみたいな人。

無人島サバイバルにおいても、三人で徒党を組んで主人公らを追い詰めたが、中川大志の奇襲によって敗退した。

プライドが高く、自己中心的な性格だが、好きな相手に対しては、しおらしくなるようだ。



SKE48


【菅田将暉 (すだまさき)】
2年E組→A組(♂)

帰宅部。

学園HPに設置されたチャットルーム123の常連メンバーの一人で、H/Nは縫いぐるみ。

ここで知り合った年下の彼女・久保史緒里と出会ってから、ケンカは控えるようにするなど、見合う男性になるように努力している。

とはいえ、非常に短気な性格から、挑発されると、すぐ手が先に出てしまい、それで連続暴行犯の容疑を掛けられたりもした。

小学校から高校一年までは、ずっと柔道を習っており、将来を有望視されるほどの選手だったが、素行の悪さから退部させられ、腐って柔道自体も辞めてしまう。

とはいえ、ケンカでは柔道スタイルを貫くなど、少なからず未練はあるようだ。

A組並みの身体能力があるにも関わらず、そんな悪評からE組に配属されていたが、無人島サバイバルにおいて2位という好成績を挙げ、A組昇格権を獲得。

E→Aという、前代未聞の大出世を実現させてみせた。

キツめの関西弁を使い、学園の不良達からも恐れられてる存在だが、忠義には厚く、男らしい一面もある。

カラーギャング“ホワイト・タイガー”のボスとして、街の治安を守る活動をしている。



[戻る]



©フォレストページ