登場人物索引

【つ】 4件

【塚田僚一 (つかだりょういち)】
2年A組(♂)。

ボディビル同好会。

鍛えるのが趣味の筋肉ヲタクが高じて、ロイヤルアドバンテージを使い、同好会まで設立させた。

連続バック転が出来るなど、高い身体能力を有するが、基本的には魅せる為の筋肉作りを目指してる為、専門分野の人間には勝てない。

典型的な脳筋で、考えるより、まず動くタイプ。

実は、隠れドルヲタでもある。


【土田晃之 (つちだてるゆき)】
極道(♂)。

銀星会の若頭。元は埼玉のヤンキーだったらしいが、松重に師事して裏社会での地位を上げていった。

顔に似合わず理知的で目的の為なら、手段を選ばない冷酷さを持ち合わせている。

菅井EXでは、謀殺された西田会長の跡目を継ぎ、新会長の座に居座った。

隠しているが、実はアイドルヲタクだったりする。


【筒井あやめ (つついあやめ)】
三年生編〜

1年生(♀)。

山下EX2で登場するC×Sチーム「七本槍」の最年少メンバー。

アーチェリーの経験を生かし、弓使いとして才能を開花させ、大会では高本彩花と拮抗するほどの射撃の腕前を見せた。

若いが、チーム一の冷静沈着ぶりで、多少のことは動じない性格。あまり、人に本音を見せようとしない。

小柄だが、スタイルは抜群。



乃木坂46(4期)


【堤真一 (つつみしんいち)】
剣道部・新顧問(♂)

秋元学園に新しく赴任した歴史教師で、剣道部の顧問。腕は立つが、指導法もスパルタらしい。



その正体は「パイド・パイパー」の大幹部“モリアーティ”であり、任務遂行時はガスマスクを被り、黒の炭刀を所持している。

新人類プロジェクトの実験体にされた一人で、触れた人間の才能を強奪する“悪魔の右手”を植え付けられる。

その能力を買われ、竹中直人にスカウトされると、みるみる頭角を現し、「パイド・パイパー」で二番手の地位まで、上り詰めた。

モリアーティ時は、冷徹かつ残忍な性格に変わる。

詳細な能力に関しては、別項に掲載予定。



[戻る]



©フォレストページ