うまれ は
あふりか の だいしぜん

ひと に あこがれる ごりら いったい

ごりら は にんげん の ちしき を
きゅうしゅう していく


そのなか に いちぶ の
にんげん の たしなみ

ごりら は それ に つよく ひかれた

それ を きわめるため ごりら は かいた

かいて かいて かきまくった

やがて それ は ごりら に とって
かけがえのない もの に

ごりら は ひと に みて もらいたくなった



これ は ごりら の もうそう の はきだめ

ざっぷうけ



ブックマーク|教える
訪問者1821人目




©フォレストページ