吟遊詩人の愛

□歯車
1ページ/1ページ

白んでいく空
小さな車のなか
少し眠たげに
もたれてくる君

いつもの現実に戻るまでの
不思議な時間

微かな君のぬくもりが
なぜか懐かしく感じた

もう少し
あと少しでいい
今の時間よ続いてくれ

そう思った時
俺のなかで回り出した歯車
軋んだ音をたてながら
でも確かに動き出した歯車

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ