藍澤さんが、



『 " ホントウ " なんて、此処には無いんだよ』


悲しそうに目を伏せて、彼女は言う。


言葉に嘘を孕ませながら。


やっぱり彼女の口は、弧を描いていた。
                                                                


赤司生誕祭2012小説『生まれてきてくれて、有り難う』公開しました。
                                
藍澤さんからのお願いとやら

管理人

藍澤さんが、

『ちょっとした小噺でも、

更新履歴

掲示板

メール



                      
Butterfly bruises indigo.


藍が " 本当 " に愛される事を、誰が望んだのか?


嗚呼、それはきっと彼等だろう、と。


その時の彼女の表情は、酷く歪んで見えた。



ブックマーク|教える

訪問者5200人目





©フォレストページ